スポンサードリンク

実践!ナニワ金融道+α 1発目 クレジットカード編 |青木 雄二

実践!ナニワ金融道+α 1発目 クレジットカード編
青木 雄二
ゴマブックス 刊
発売日 2005-10



絵は下手だが面白い 2006-04-14
ナニワ金融道を久しぶりに本書で読んだが、改めて絵が下手だと思った。

もっとも、内容はとても良い。クレ・サラにはまらないための方法やはまってしまった場合の悲惨さがよく表されている。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報

クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ) |岩田 昭男

クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
岩田 昭男
実業之日本社 刊
発売日 2005-10-09



自分でできる、工夫が沢山です 2005-12-05
クレジットカードやキャッシュカードを悪用した、最近の犯罪事例、その手口、企業側の対策の現状、ECサイトの危険性、このような犯罪から身を守るために、明日から自分で行うこと、筆者自身の工夫などが紹介されています。具体的に対応策が、載っています。当たり前と言えば、それまでですが、なかなか出来てないなぁ、、と思わせる話が多かったです。反省反省。

VISAって何?というような基本的なことから、説明されている丁寧な本です。磁気カードの仕組みとか、ECサイトのセキュリティ、生体認証等の技術的な話題も少々ありますが、わかりやすく説明してあります。誰でも読めるように、工夫されてる本でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報

クレジットカードの知識 |水上 宏明

クレジットカードの知識
水上 宏明
日本経済新聞社 刊
発売日 2006-01



優れた入門書 2006-04-06
クレジットカード全般についての入門書として1997年に出版された同名の書の改訂新版。クレジットカードの仕組み、業務内容に加えて、貸金業規制法や個人情報保護法といった関係法令、さらには多重債務問題やカード偽造、インターネット取引でのなりすましといった今日的な課題についても解説されている。

 平易な文章は読みやすく、複雑な部分も要点のみがさらりと簡潔に記されており、優れた入門書といえる。また、電子マネーやクレジットカードによる公金決済など、今後の将来展望にも触れると同時に、「統一消費者信用法」の創設といった業界への提言も含まれており、ベテランの業界人も興味深く読める内容となっている。

 筆者は、消費者の利益のための消費者保護は、消費者の一定の責任の下で低コストが実現され、良質なサービスが提供されることによって成り立つと主張し、そのために弊害になっているのがタテ割り行政だ、と指摘する。クレジットカードに限らず広く消費者取引全般に共通する指摘であろう。

 クレジットカード業界関係者のみならず、広く一般消費者、特に大学生に読んでもらいたい基本書。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報

クレジットカードのごほうび |宮城 ユカリ /三崎 航

クレジットカードのごほうび
宮城 ユカリ /三崎 航
幻冬舎 刊
発売日 2006-03



クレジットカードの入門書 2006-10-22
 綺麗なイラスト(写真)と読みやすい文章で、いろいろなクレジットカードを紹介してくれる本です。

 今まで現金だけで買い物していた人も、これを読むと、「カードを作ってみようかな。」と考えると思います。

 ただ、この本で、収入等で審査のあるカード(ゴールドカード以上)は紹介されていません。買う際は、そのことに気をつけた方が良いと思います。

 いろいろお得な情報(ポイントのため方のコツ等)が載っていることもあり、読む価値はあると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報

ドコモが銀行を追い抜く日 |岩田 昭男

ドコモが銀行を追い抜く日
岩田 昭男
PHP研究所 刊
発売日 2006-05-19



ドコモの戦略とクレジット業界の勢力図がよく分かる 2006-07-06
通信事業とクレジット事業というのは非常によく似た業態とのことです.会員を増やし,ネットワークを張り巡らし,そして代金を回収するというスキームは確かによく似ています.そして,このスキームを利用してドコモがどのようにクレジット業界に殴り込みをかけているか,それを迎え撃つ3大メガバンクはどのような戦略で対抗しようとしているのかというのがよく分かります.



クレジット業界の事はあまりよく知りませんでしたので,新発見がたくさんありました.例えば,クレジット業界というのはVISAやマスターといったブランドとカードの発行業務を行うイシュアー,加盟店業務を行うアクワイアラーで成り立っているとか,ドコモはiDというのをやっていますが,これはVISAやマスターというのと同じブランドの名前であり,しかも,クイックペイやスマートプラスと同じような少額決裁システムの名前であるというような話です.



金融業界がドコモの参入によってどの方向へ動こうとしているのかを知るのに,最新の状況がまとめられており,非常に参考になります.




さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報

わかりやすい自己破産 (イラスト六法) |山川 直人 /宇都宮 健児

わかりやすい自己破産 (イラスト六法)
山川 直人 /宇都宮 健児
自由国民社 刊
発売日 2006-06



難解な制度こそ簡単な本で 2006-06-28
タイトル通り、イラスト満載でマンガも織り交ぜながら進むので大変読みやすい。

実際の判例も交えているので「なるほど」と思わされる。



ただし、わかりやすい反面、詳しく掘り下げて書いていない点は否めない。

これ一冊で自分での手続きが出来るとは思わないが、自己破産を考えている人への入門書には最適。








さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報

サーチエンジン対策のカリスマが教える検索キーワード「超」起業術―クレジットカード1枚で始めて年商1億円! |鈴木 将司

サーチエンジン対策のカリスマが教える検索キーワード「超」起業術―クレジットカード1枚で始めて年商1億円!
鈴木 将司
ダイヤモンド社 刊
発売日 2006-09-29



標準化?されたテクニック 2007-08-09
著者の書籍に目を通すのは初めてだったのですが、

コンサルタントである立場での具体的な提言が盛り沢山ではあった。



一方で、ネット初心者に向けた標準化された商材として見ると、

この手の本としては、完成度が高いのか低いのかちょっと判断に困る。



というのも、おそらく検索キーワードを利用したテクニックを

実際に活用している人が本書を読んだとしたとき、



本書で紹介されているような一般的な情報を期待しているのだろうか、

という疑問が頭の中に浮かぶからである。



遊園地などにある人工的なお化け屋敷が

標準化された冊子形態(市販のもの)とするなら、

無数に存在する幽霊屋敷は、いわば「情報商材」に喩えられよう。



よって、幽霊屋敷を知っている者には、本書は物足りなく、

お化け屋敷に入ろうとする者には、本書は有用な解説・説明となるのだろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by ホロン at 16:00 | クレジットカード関連情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。